茨木、鍼灸、茨木市、鍼灸院、肩こり、腰痛、頭痛

ぎっくり腰

2022年12月16日 14:41

筋筋膜性腰痛

急性のものは、急激な動作で筋筋膜に過伸展や部分断裂を生じることによって起こります。姿勢や動作、筋疲労や組織の傷痕、冷え、などによる循環障害や刺激が原因となって起こります。患部に限局した痛みが強く疼痛性の側弯がみられることもあります。主として前屈動作障害が強いです。ぎっくり腰になってすぐに鍼灸治療をうけるほど治りは早いです。急性のものでは、患部に極限した痛みが強く、疼痛性の側弯のみられることもあります。主として、前屈動作の障害が強い、慢性では、急性ほどの強い症状はみられない。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)